レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA |
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA


| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦スーパーバイクレース in OKAYAMA
主催:岡山国際サーキット(3,703m)

決勝レポート
開催日:2019-9/1
天候:雨/曇り コース状況:ウェット

●開催概要:
9月1日(日) 決勝レース
天候:曇/雨 コース:ドライ/ウエット

8月31日(土) 公式予選
天候:晴 コース:ドライ

●会場:岡山県 岡山国際サーキット(1 周3.703km)
●観客:土曜日:2,600人/日曜日:5,000人

 
榎戸育寛が波乱のレースを制し今季2勝目!

 J-GP2クラス決勝スタート前から雨がパラパラと落ち始める。ウエット宣言は出されず予定通り19周で決勝レースはスタート。

 ホールショットはポールポジションの作本輝介が奪う。予選4番グリッドの小谷咲斗がうまいスタートを切り2番手、榎戸育寛が3番手、名越哲平は4番手で1コーナーに進入する。バックストレートで小谷に並んだ榎戸がヘアピンで捕らえる。作本、榎戸、小谷、岩蕪N朗、阿部恵斗、尾野弘樹、豊島怜の順に1周目を終える。3周目に入り雨粒が大きくなってくる。そして4周目の1コーナーでは、雨が本降りとなってしまいトップの作本が転倒。榎戸が巻き込まれそうになるが何とか回避。その直後、豊島怜と井手翔太も1コーナーで転倒し赤旗が提示される。作本と豊島、井手は何とか再スタートしピットへ戻る。

 その後、雨足は強くなり路面はフルウエットになる。2周のサイティングラップを行った後、最初のグリッドで12周に減算された決勝レースとなった。作本と名越はサイティングラップに間に合わずウォームアップラップから合流。11時31分に仕切り直しの決勝がスタート。

 またもや小谷がホールショットを奪う。2番手榎戸、3番手名越の順に1コーナーに進入する。バックストレートで小谷をパスした榎戸がトップを奪いそのままオープニングラップを制する。以下、小谷、岩普A名越、ポールポジションの作本は5番手、豊島、阿部、尾野、徳留真紀、中山耀介の上位10台。

 3周目のウィリアムコーナーで岩崎が小谷を捕らえて2番手に浮上、前を行く榎戸を追う。ピレリタイヤを履く岩浮ヘ雨の走行には自信があるのか榎戸との差をじわりじわりと詰めていき5周目のバイパーコーナー立ち上がりでは、その背後にピタリとつける。

 その後方では名越、作本、豊島による4番手争いが展開されるが、6周目のウィリアムコーナーで豊島が転倒リタイアとなり4番手争いは名越、作本の2台に。7周目の1コーナーで作本が名越をパスし、4番手に浮上すると今度は前を行く3番手の小谷を追う。作本は、小谷より約1秒速いラップタイムで猛追すると10周目のバックストレートで小谷をパスして3番手に浮上する。

 榎戸のすぐ背後にまで迫った岩浮セが、レース終盤ペースが上がらない。榎戸は10周目に1分42秒079のファステストラップをたたき出すと岩浮ニの差を徐々に広げ、そのまま4秒643の差をつけて今季2勝目のチェッカー。岩浮ヘあと一歩及ばず2位。しかしJ-GP2クラス初の表彰台を獲得する。3位に作本、4位小谷、5位名越、6位尾野、7位阿部、8位中山、9位徳留、10位小口理のトップ10であった。
暫定ポイントランキングは、名越が110、作本が109、榎戸が106と3名が僅差で続くことになり、残り2戦でどんな結末が待っているのか楽しみなところだ。

 

表彰台
 
優勝/#71 榎戸 育寛 SDG Mistresa RT HARC-PRO
『短い時間の中でドライからウエットへのセットの変更は賭けの部分もありましたがうまくいきました。2周目にトップに立ってからは、自分でリズムを作りながら走りました。後ろから岩舞I手が迫ってきているのは気付いていましたが前で走っている以上プッシュしかないので最後までプッシュし続けました。3年前にST600でチャンピオンを獲った年の岡山は雨のレースで散々だったので、その悔しさを今日晴らすことができました。雨で強さを見せられたのは自信につながりました。残り2戦しっかりと闘いたいと思います』
 
2位/#70 岩 哲朗 OGURA CLUTCH with RIDE IN
『ピレリタイヤを履いているので、テストの段階からウエットコンディションになれば分はあるかな、できれば決勝は雨が降って欲しいな、と思っていました。スリックタイヤで雨がパラついていてきた時はペースを落とさないで、ついて行くので必死でした。榎戸選手の後ろについて得意な場所、苦手な場所を見極めてどこかで仕掛けられれば、と思っていましたが、やっぱり榎戸選手は上手ですね。終盤にリアタイヤのグリップを失ってきてしまいペースを上げられなかったのですが、後続との差が6秒以上あったので少しペースを落として完走を目指しました。4年前にチーム結成してからずっとチームみんなで表彰台に上がりたいと思っていました。今回、表彰台に上がれたのでここがスタートだと思って残り2戦、優勝を目指して頑張って行きたいと思います』
 
3位/#4 作本 輝介  Team 熾 RSC
『1コーナーに入った時には思っていた以上に雨が降っていてアッという間にリアを持って行かれて転倒してしまいました。赤旗になったので、すぐにピットに戻ろうとしたのですがブレーキが壊れていたらしくアドウッドコーナーで止まれず、2度目の転倒をしてしまいました。何とかピットに戻ってすぐにマシンを修理してくれたチーム、メカニックに感謝です。再スタート時にピットからのスタートとなりタイヤに熱を入れるのに時間がかかってしまい序盤は前に付いていけませんでした。周回を重ねて熱が入ってからはペースを上げられたのですが、その時にはトップとはかなり離れてしまいました。優勝を目指していたので、この3位と言う結果は悔しいです』
 
スタート直後
スタート直後
 
トップ争い
トップ争い(#71 榎戸育寛、#70 岩蕪N朗)
 
表彰台の榎戸育寛
表彰台の榎戸育寛
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita&Y.Harada(c)
 
| Top |