レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA |
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA


| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権J-GP2

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦スーパーバイクレース in OKAYAMA
主催:岡山国際サーキット(3,703m)

予選レポート
開催日:2019-8/31
天候:晴 コース状況:ドライ
 

作本輝介がポールポジションを獲得!
「タイムはまだ伸ばせると思う。理想は最初から逃げて独走」

 J-GP2クラスの公式予選もセッションの終盤にかけ て上位陣の激しいタイムアタックが見られた。当初モニ ターのトップに立った尾野弘樹がマークしたのは1分32 秒249。それに作本輝介、榎戸育寛、岩蕪N朗、名越哲 平らも32秒台で続いていた。

 セッション中盤から終盤にかけて、各上位陣ライダーがピットに 戻り最終アタックにむけて準備の後、再びアタックを開 始。まずは名越が32秒154までタイムを削ってトップに立つと、作本は31秒581と31秒台に入れてトップに浮 上。名越も31秒780と31秒台をマークするが上回るこ とはできず2番手。榎戸も32秒100とタイムアップし、今 シーズンここまで3大会4レースで優勝を分け合っている 3人が上位を占めることになった。

 小谷咲斗がセッション最後のアタックで32秒184をマークし4番手に上がり、尾野、岩崎と続きセカンドロウに並ぶ結果となった。

 
作本輝介
 
ポールポジション : 1'31.581 #4 作本輝介/Team熾 RSC
『公開テストは、うまく進められていなかったので、レースウイーク初日の金曜日も1本目はハーフウエット、2本目はドライで走ることができたのですが、コンディションに合わせきれないでいました。そんな状態で迎えた公式予選だったので、ちょっと心配していたのですが、セッション後半で少しずついい方向に進んだのでポールポジションを獲得できました。タイム的には納得できるものではなかったので、決勝日朝のウォームアップ走行でセットを確認して、その仕上がり次第でレースをどう戦おうか考えようと思っています』
 
作本輝介
作本輝介
 
TXT: Superbike.jp/Photo : H.Wakita, Y.Harada(c)&T.Sato
| Top |