レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA |
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA


全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦スーパーバイクレース in OKAYAMA
主催:岡山国際サーキット(3,703m)

決勝レポート
開催日:2019-9/1
天候:曇 路面:ドライ

●開催概要:
9月1日(日) 決勝レース
天候:曇/雨 コース:ドライ/ウエット

8月31日(土) 公式予選
天候:晴 コース:ドライ

●会場:岡山県 岡山国際サーキット(1 周3.703km)
●観客:土曜日:2,600人/日曜日:5,000人

 
最終ラップのアクシデントで長谷川が3勝目を手に入れる

 土曜日の快晴から一転、朝のウォームアップ走行時から雨がパラつくぐずついた天気となった決勝日。J-GP3クラスは、何とかドライコンディションで19周による決勝レースがスタートした。

 ホールショットはセカンドグリッドの高杉奈緒子が奪う。予選7番手の鈴木大空翔も絶妙なスタートを決めてスルスルッと2番手で1コーナーに進入すると立ち上がりで高杉と並び、ウィリアムコーナー進入でトップに立つ。高杉2番手、3番手成田彬人、4番手に村瀬健琉、ポールポジションの長谷川聖は5番手につけていた。アトウッドカーブ進入で成田が高杉を、その先のヘアピンで村瀬も高杉をパスしていく。オープニングラップは鈴木が制し、2番手に成田、3番手に村瀬、4番手に高杉、5番手に長谷川、以下、細谷翼、藤井謙汰、山本恭裕、中山愛理、福嶋佑斗の上位10台。予選4番手の安村武志が1周を終えてピットイン、そのままリタイアとなる。

 序盤、トップグループは村瀬、長谷川、鈴木、成田、細谷、高杉の6台がワンパックとなって形成する。2周目は村瀬、3周目は成田、4周目は長谷川がトップに立ち激しいトップ争いが展開される。この中から高杉が遅れ始め、中盤以降は長谷川と村瀬がやや抜けだし、テールtoノーズの激しいトップ争いを展開。13周目から16周目まで毎周トップが入れ替えていた。その後方で成田と鈴木、細谷が3番手争いを展開していた。しかし17周目には、鈴木、成田、細谷も追いつきトップグループは再び5台の集団となる。そしてアトウッドカーブ進入で鈴木が村瀬の前に出るとバックストレートで長谷川のスリップを利用してヘアピンに進入、一気にトップに立ち、長谷川、村瀬、成田、細谷と続くオーダー。

 18周目のバックストレートでは、5台の縦一列の先頭集団は4ワイドでヘアピンに進入。鈴木はトップを守り、村瀬が長谷川をかわして2番手に浮上する。ダブルヘアピンへの進入で成田がシフトミスからバランスを崩し、大きく膨らむと、その隙に細谷が4番手に浮上する。

 そして鈴木、村瀬、長谷川、細谷、成田の順で運命のファイナルラップに突入する。1コーナーで村瀬がトップに浮上、バックストレートでスリップから抜けた鈴木が村瀬を抜き返す。その隙を突いてラインをイン側に振った長谷川だが村瀬が抑えて鈴木、村瀬、長谷川の順にリボルバーコーナーを駆け下りる。そしてダブルヘアピンのひとつ目のブレーキングで鈴木のインを突いた村瀬がなんと転倒! 鈴木を巻き込んで2台がグラベルに弾き出されてしまい両者とも再スタートできず無念のリタイア。

 これにより長谷川が今季3勝目を挙げ、細谷が2位、3位に成田。4位に高杉、5位に福嶋、6位に藤井、7位に山本、8位に中山、9位にSenna Agius、10位にHARRISON VOIGHTの上位10台。

 これで長谷川は鈴木に23ポイントの差をつけて暫定ランキングトップに立ち、一人抜きん出ることになった。

 
GP3表彰台
 
優勝/#36 長谷川 聖 CLUBY's
『スタートからトップに出て逃げ切りたかったのですが、雨がパラついていて状況がわからなかったので先頭で行くのはリスキーだと思いました。自分のアベレージタイムからすれば後ろに下がってもすぐに追い上げられるので焦らず少しずつ追い上げようと思っていました。前の2台が転倒しましたが結果は結果なので優勝できてよかったです。前の二人が転倒したときに避けられる位置にいたから優勝できたと思います。残りのレースも全部優勝できたらよいのですが、気負わず自分のペースで走ってチャンピオンを目指します』
 
2位/#34 細谷 翼 Team SRS-Moto
『事前テストからタイムがよくなかったのでついて行くだけで精一杯でした。それでもレース中に自己ベストを更新することができたことはよかったです。棚ボタでしたが表彰台に上がることができて、うれしいです。残り2戦も今回のようにトップ集団の中でレースができるようにしたいです』
 
3位/#71 成田 彬人  Team P.MU 7C MIKUNI
『レースウイークに入ってタイムが伸びず、予選では自己ベストを更新できましたが、上位とは差が開いていたので厳しい展開になるだろうと思っていました。序盤はトップに付いていくことができましたが付いてくのが精一杯という感じでした。ラスト2周でシフトミスして大きくオーバーランをしたため遅れてしまい、レース内容としてはあまりよくなかったです。この表彰台も棚ぼたなので次回はしっかりと自分の力で優勝を狙っていきたいと思います』
 
レーススタート

レーススタート

 
トップ争い
トップ争い
 
優勝した長谷川聖
優勝した長谷川聖
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita&Y.Harada(c)
 
| Top |