レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA |
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA

| エントリーリスト | ノックアウト Q-1| ノックアウトQ-2 | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | ラップチャート | ランキング | 決勝レポート |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦スーパーバイクレース in OKAYAMA
主催:岡山国際サーキット(3,703m)

決勝レポート
開催日:2019-9/1
天候:雨 コース状況:ウェット

●開催概要:
9月1日(日) 決勝レース
天候:曇/雨 コース:ドライ/ウエット

8月31日(土) 公式予選
天候:晴 コース:ドライ

●会場:岡山県 岡山国際サーキット(1 周3.703km)
●観客:土曜日:2,600人/日曜日:5,000人

 

野左根航汰がウエットレースを制し2年振りの勝利を飾る!

 公開テストから決勝日朝のウォームアップ走行までドライコンディションだったが、レースはウエットコンディションで行われた。周回数の減算はなく24周で争われた。

 セカンドグリッドから好スタートを切った水野涼がホールショットを奪い、野左根航汰、中須賀克行、高橋巧、加賀山就臣、秋吉耕佑、渡辺一樹、津田拓也、岩戸亮介、渡辺一馬、前田恵助、濱原颯道と続いて行く。ウィリアムコーナーでは、野左根が水野をかわしトップに浮上。野左根は、そのままペースを上げレースをリードして行く。後方では渡辺一樹が秋吉と加賀山をかわし5番手に浮上して来ていた。
 オープニングラップから積極的にペースを上げる野左根は、2番手の水野に約1秒差をつけてホームストレートを通過。水野、中須賀、高橋、やや間隔を空けて渡辺一樹、加賀山、秋吉、津田、岩戸、渡辺一馬と続いていた。

 ハイペースで飛ばす野左根について行けたのは水野のみ。後方では、中須賀と高橋が3番手争いを繰り広げる。5番手を走っていた渡辺一樹だったが、マシンに問題が発生し、ダブルヘアピン進入でオーバーラン。そのすきに津田と加賀山が前に出て行く。

 トップを走る野左根との差を水野は詰めていくが、射程圏内までは、追い上げることができない。逆に野左根はペースを上げると、水野を突き放し独走状態に持ち込んで行く。3番手争いも、中須賀が高橋を引き離し、それぞれ単独走行になっていた。

 野左根は、最後まで攻めの走りを見せトップでチェッカー。2年振りにJSB1000クラス優勝を飾った。2位に4秒039差で水野が入り、2戦連続2位表彰台。3位に中須賀、4位に高橋と続き、高橋が暫定ランキングトップの座をキープ。5位に津田が入り今シーズン最高位。6位に加賀山、7位に秋吉、8位に渡辺一馬、9位に岩戸と続き、渡辺一樹はトラブルを抱えながら10位でチェッカーを受けた。ここまでがトップと同一周回となり、11位に濱原、12位に亀井雄大、13位に中冨伸一、14位に須貝義行、15位に児玉勇太と続いた。

 
JSB表彰台
 
優勝/#4 野左根 航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『去年の岡山ラウンドは台風でレース中止になってしまいましたが、ウエットコンディションで行われた予選では、いいフィーリングで乗ることができていました。今回と状況は全然違いましたがウエットは自信がありました。公開テストからドライでも調子がよかったので今回は勝ちたい思いが強かったので優勝できてよかったです。作戦は全くありませんでした。(水野選手に)追いつかれたので、ペースを上げたのですが、グリップ感がなく何度か転びそうになりました。中須賀選手の前でチェッカー受けられたのは初めてなので、うれしいですがドライのレースならもっとよかったですね。前戦では、水野選手とやりあって転んでしまったので、その借りを返せたこともうれしいですね。次回のオートポリスは好きなコースですし、この優勝を励みに頑張りたいですね』
 
2位/#634 水野 涼 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda
『公開テストからレースウイークに入っても決勝が初めてのウエットコンディションでした。イコールコンディションなのは分かっているのですが、今のバイクになってから初めてのウエットでしたし、昨年の予選ではトップ10にも入ることができなかったので、レース序盤は手探り状態でした。スタートはフロントロウだったので、トップで飛び込んでみましたが、すぐに野左根選手に抜かれてしまい、どこまでついて行けるか我慢比べでした。ただ、自分の思っていた以上に速いペースで走ることができたのは収穫でした。前回は悔しい思いとJSB1000クラス初表彰台でのうれしさと半々でしたが、今回は悔しい気持ちしかないですね。野左根選手とは年齢も近いですし負けたくないライダーなので。次回こそ狙って行きたいですね』
 
3位/#1 中須賀 克行  YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『今回は自分の中では精一杯走りましたし、最低限の結果を残すことができたと思います。サイティングラップを2周したのですが、野左根選手がいい走りをしていたので"今回は航汰が勝つな"と思いましたし、実際に最初から、すごく速かった。見事な優勝だったと思うし、おめでとうと言いたいですね。本当はレコードも更新できていましたし、ドライコンディションでレースがしたかったですね。ウエットコンディションでの課題も見つかりましたし、次につながるいいレースになったと思います』
 
レーススタート
レーススタート
 
バトル
バトル
 
野左根航汰の走り
野左根航汰の走り
 
表彰台の野左根航汰
表彰台の野左根航汰
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita&Y.Harada(c)
 
| Top |