レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA |
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA


全日本ロードレース選手権J-GP2

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦スーパーバイクレース in OKAYAMA
主催:岡山国際サーキット(3,703m)

予選レポート
開催日:2019-8/31
天候:晴 コース状況:ドライ
 
長谷川聖、ホームコースで初のポールポジション!!
「自分のレースをすれば結果はついてくるはず!」

 朝から晴れ渡った岡山国際サーキット。ST600クラス1回目予選の後に始まったJ-GP3クラスの公式予選。セッション序盤から高杉奈緒子が1分36秒838を叩き出し、トップに付ける。2番手にはベテランの安村武志、今年ステップアップした成田彬人、村瀬健琉らが37秒台で続く。しかし、事前テスト、金曜日の練習走行から好調をキープする長谷川聖が36秒699をマークしてトップに立つとセッションも終盤にかけて各車ともアタックを続ける。

 気温の上昇につれて路面温度も上がる中、終盤に大きくタイムを上げるライダーはおらず、長谷川が序盤のタイムのまま、ホームコースで初めてとなるポールポジションを決めた。長谷川は今季3度目のポールポジション。
2番手は高杉、3番手には終盤のアタックで37秒348をマークした村瀬、37秒515で安村、成田37秒791、こちらも終盤に上げた福嶋佑斗が38秒150で6番手に続き、ここまでがセカンドロウとなった。

 
長谷川聖
ポールポジション : 1'36.699 #36 長谷川 聖/CLUBY's
『岡山はホームコースなので、あまり練習はできていなかったのですが自信がありました。公開テストでは全セッショントップタイムで、レースウイークに入っても、金曜日の1本目はウエットコンディションでしたが、そこでもトップでしたし2本目もトップだったので、公式予選ではコースレコードを狙って行こうと思っていました。実際はタイミングも合わず、レコード更新はできなかったのですが、ポールポジションが獲れたのでよかったです。マシンも問題ないですし、チャンピオンを獲るためにも、決勝は、しっかり勝てるように頑張ります』
 
長谷川聖
長谷川聖
 
TXT: Superbike.jp/Photo : H.Wakita, Y.Harada(c)&T.Sato
| Top |