レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI

| エントリーリスト | ノックアウト-Q-1 | ノックアウト-Q-2 | 公式予選結果 |
| 予選レポート | ウォームアップ | 決勝Race | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権JSB1000

文部科学大臣杯  MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 TWIN RING MOTEGI 2&4 RACE
主催:ツインリンクもてぎ(4.801Km)

予選レポート
開催日:2018-8/18
Weather : Fine Track : Dry
公式レポート(PDF) 2018Rd6TRM24_Express.pdf
レースウイークをリードする野左根航汰が
今季初ポールポジションから今季初優勝を狙う!
手負いの中須賀、HRCを背負う高橋巧が意地を見せるか!?

 ツインリンクもてぎ2&4レースから2018年シーズン後半戦に突入した全日本ロードレース選手権。レースウイーク初日となった8月17日(金)から、それまでの猛暑日がうそのように気温、湿度共に下がり、さわやかな気候となった。

 青空の広がったツインリンクもてぎでセッションをリードしたのは、YAMAHA FACTORY RACINGTEAMの野左根航汰だった。初日の1本目、2本目、そして公式予選でもQ1、Q2と全セッションでトップタイムをマーク。今シーズン初ポールポジションを獲得した。野左根は、昨年もツインリンクもてぎ2&4レースでポールポジションを獲得。これがJSB1000クラスで初ポールポジションだった。さらにツインリンクもてぎで開催された2レースで共に優勝を果たしており結果的な相性は、いい方だ。しかし、昨年優勝した2レースは、両レースとも中須賀克行がトップを走りながら転倒しており"タナボタ"という感は否めなかった。優勝は優勝だが、野左根本人も、今年こそ中須賀と堂々と勝負し勝つことが目標だった。

 しかし、今シーズン前半戦では、開幕戦のレース1での転倒から始まり、表彰台には上がるものの、トップ争いから引き離されてのレースが続いていた。鈴鹿8耐は、ヤマハのスーパーサブ的存在として控えにまわり出番はなかったが、MotoGP™マシンの開発テストは続いていた。特に、中須賀が鈴鹿8耐で負傷してからは、その仕事を一手に担っていた。今回のツインリンクもてぎ2&4レースは、事前テストがなかったこともあり、久しぶりに自分のマシンに乗った感じだったと言う。初日、2日目と流れは完璧に近いだけにレースも、その勢いで引っ張って行きたいところだろう。

 鈴鹿8耐の土曜日に転倒し右肩を痛め、決勝をキャンセルした中須賀。あれから3週間が経ち、かなり回復してきているが、まだ、その影響はかなりあると言う。「ストップ・アンド・ゴーのセクションは、厳しいと思っていましたが思ったよりもタイムも出せました。ただ、23周と長いので、どこまで走れるかは、分からない部分もあります。大事なのはチャンピオンシップなので、ノーポイントだけは避けないといけないですね。肩は、以前にも痛めたことがあるので、そのときの経験を生かして、うまく走りたいですね。実際、無理が効かない部分がありますが、ケガの功名じゃないですけれど、速く走ることができている部分もあるので、今後にプラスになると思います」とポジティブに考えている。

 そんなヤマハ勢に一矢を報いたいHRCの高橋巧は、初日に転倒があったものの、徐々にマシンはよくなってきていると言う。コーナーの立ち上がりからの加速は、目を見張るものがあるだけに、今シーズン初優勝を挙げたいところだ。

 ヨシムラの津田拓也も今シーズンでは、一番いい仕上がりだと言えそうだ。「予選では、1分48秒台に入れたかったのですが他のライダーより伸び幅が少なかったですね。アベレージは悪くないので、今回こそトップ争いに加わって、最後に勝負できるポジションにいたいですね」と表情も明るかった。

 カワサキのエース渡辺一馬は、ここまで今ひとつ攻められない状態だが、決勝に向けて課題は明確になってきていると言う。「8耐明けだからか、4輪の影響なのかフィーリングが今ひとつでしたが、チームと話し合いセットを変更する予定です。決勝朝のウォームアップ走行で確認していい方向に行けば1分49秒台で走ることができるはずです」とセットが決まればトップ争いに加わって来そうだ。

 フロントロウの3台に加え、津田と渡辺一馬がトップグループを形成しそうだ。手負いの中須賀が、どこまで踏ん張ることができるかによって、レース展開が変わってくるだろう。キット車両ながら予選5番手に食い込んできた秋吉耕佑、調子を上げてきている渡辺一樹のポジショニングにも注目したいところ。

 決勝レースは、23周と長丁場で争われるだけにタイヤマネジメントが重要なファクターとなるはずだ。野左根がレースをリードするのか!? 他のライダーがかき回すのか!? 果たして、どんな結末が待っているのだろうか…。

 
予選上位3名のライダー
ポールポジション : 1'48.564
#5 野左根 航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5

『Q1からQ2のインターバルが非常に短かく、休む間がなかったので、Q2で、ひと息ついてからアタックしたのがよかったと思います。想定タイムはありませんでしたが、ポールポジションを獲りたいという気持ちで挑み、いい感じに走ることができました。1周タイムアタックが決まり、1分48秒5が出たので、燃え尽きた感じがありました。金曜日に比べて土曜日は、風がなかったので、走りやすかったですね。中須賀選手も高橋巧選手も速いので勝つことは容易ではないと思いますが、全力で挑んでいきたいですね 』
 
予選2番手 : 1'48.724
#21 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

『非常に厳しい予選でした。8耐の転倒で身体は万全ではないのですが、状態は日を追う毎によくなっています。予選では、フロントロウに並ぶことができれば御の字だと思っていたので、想定していたタイムより出てますし、2番手は上出来だと思います。あとは、アベレージを、どれくらい上げられるかが課題なので、決勝日朝のウォームアップ走行を使って、もっと楽に乗れるようなセッティングにして決勝に臨みたいですね。レースは23周と長いので、不安はありますけれど、最後まであがいて、皆さんにいいレースを見せられるように全力を尽くします 』
 
予選3番手 :1'49.247
#1 高橋 巧 Team HRC

『金曜日は転倒もあり、流れがよくないまま初日を終えてしまいました。4輪の影響なのか、コンディションはセッション毎に違うのですが、野左根選手が言ったように、公式予選では風が弱かったので、1分48秒台は出してくると思っていましたし、ボクも同じくらいは出したかったですね。公式予選では、その悪い流れを打ち切り、いい方向に切り換えることができたと思うので、決勝日朝のウォームアップ走行を使って勝負できるように仕上げて行きたいですね』
 
 
野左根航太
ポールポジションの野左根航太
 
中須賀克行
中須賀克行
 
高橋巧
高橋巧
 
津田拓也
津田拓也
 
渡辺一馬
渡辺一馬
 
Text & Photo:Toshihiro Sato(c)
| Top |