レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

インフォメーション

MFJからのお知らせを表示しています。
2018年03月15日
競技会車検におけるヘルメット特別検査制度の廃止について(全種目)

競技会の車検時に、MFJ公認マークが貼られていたがシールが剥がれてしまったMFJ公認ヘルメットに対し、特別検査料を徴収し、車検でヘルメットマークを貼付する制度を設けていましたが、近年、並行輸入品やインターネットでの購入が増え、正規代理店を経由しないものが見受けられることから、今年から車検で公認マークを貼る対応は行いません。
今後、お手持ちの公認ヘルメットのシールが剥がれてしまった場合は、製造メーカーまたは正規輸入代理店(MFJ国内競技規則書巻末付録頁参照)へお客様から直接ご連絡いただきマークを購入いただくようになりましたのでご注意ください。

<競技会車検時の対応>
●全日本選手権等の会場で当該ヘルメットの製造メーカーまたは正規輸入代理店のレーシングサービスが来場している場合はレーシングサービスへ相談してください。
●レーシングサービスがいない場合は、車検時に事務局で準備する所定の誓約書にヘルメット型式等を記載し、車検に提出してください。当該大会は公認モデルであることを前提に、誓約書を提出することで出場が認められる場合があります。
※但し、次の大会までに、製造メーカーまたは正規輸入代理店にお客様から直接連絡しマークを購入し、ヘルメットに貼付していなければ、次戦以降で使用できません。




前のページへ戻る