レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

インフォメーション

MFJからのお知らせを表示しています。
2014年02月03日
全日本スノーモビル選手権第2戦長野大会レポート
写真
スーパークラスのスタートは迫力満点
写真
スーパークラス佐野と久保田のバトルが続く
写真
接戦を制した久保田が総合優勝
写真
総合2位に入った計良
写真
総合3位の佐野
写真

第2戦は久保田洋平選手がホームコースで総合優勝!

青空が広がり汗ばむほどの陽気となった全日本スノーモビル選手権第2戦。スーパー、A級(S1/2) 、B級(S1/2/3)ジュニアの7クラスが開催されたが、興奮の渦を巻き起こしたのは、やはり最高峰となるスーパークラス。
ヒート2、スタートが決まり快調にトップを走っていた久保田洋平選手だが、後半、出遅れていた3年連続チャンピオン・佐野友介選手がジワジワと背後に迫ってくる。ラスト2周には佐野選手が久保選手を交わし、それを再び久保田選手が交わすという、まさに手に汗にぎる攻防が続く。そしてラストラップ、チェッカーまで残り約半周というなか、勝負をかけた場所でなんと両雄クラッシュ。結果、トップでチェッカーを受けたのは3番手を走っていた佐々木雅規選手、すぐにコース復帰を果たした久保田選手は2位、3位には計良良太選手、佐野選手は7位でゴールした。スーパークラスの総合結果は、優勝/久保田洋平選手、2位/計良良太選手、3位/佐野友介選手。
全日本スノーモビル選手権は残り3戦。すべて北海道での開催となるが、目が離せない展開になりそうだ。

◆スーパークラス総合優勝/久保田洋平選手
「今回、メカニックのおかげでマシンがとてもいい仕上がりとなって、両ヒートともいいスタートが切れました。そのままじっくり焦らず、ペース配分を考えながらレースができたので、それが結果につながったと思います。ヒート2のクラッシュは、勝負をかけるところはあの場所しかなかったので、くやしいですがレースですから仕方がないです。長野大会はホームコースということもあり、たくさんの方が応援に来てくれて、それがとても励みになりました! みなさん応援ありがとうございました」

◆スーパークラス総合2位/計良良太選手
「スタートが決まって自分のペースでレースをすることができました。今日は満足いく内容だったと思います。第3戦以降も、すべてのレースでホールショットをねらっていきたいと思います!」

◆スーパークラス総合3位/佐野友介選手
「ヒート1は後続を引き離してトップでチェッカーを受けることができましたが、ヒート2は前半ペースを上げられませんでした。後半に勝負をかけて2位まで追い上げることができたのですが、クラッシュしてしまい…。残念ですが攻めた結果ですし、次につなげることができる内容だったと思います」

最終戦前の2月24日(月)には開幕戦の模様がBS TwellV(BS12)で放映される。スーパークラスはもちろん、A級、B級、ジュニアの熱い走りをぜひチェックしよう!




前のページへ戻る

Copyright 2003 Motorcycle Federation of Japan All Rights Reaserved.
|