レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

写真&レポート

2019年全日本スーパーモト選手権第3戦。舞台は東北福島県二本松にある東北サファリパーク内のエビスサーキット。長い直線を一気に駆け降りるカートコースに、ふたつのダートセクションをシケインでつないだシンプルなレイアウト。ダートセクションでのパッシングはコース幅の関係からリスクが高く、ライダーを翻弄する。空梅雨といわれていたが土日はしっかりと雨が降り、タイヤ交換でピットは慌ただしくなるなか、滑る路面と走る都度に変わっていくダートセクションのギャップが終日ライダーを悩ませ続けた。


■S1PROクラス 決勝レース1

全18台の出走となった国内最高峰S1PROクラス。 お昼休み前に決勝レースヒート1が開催される。
予選タイムアタックは、前戦HSR九州でのリベンジを狙う(#5)日浦大治朗が、雨の中1分5秒台前半をマークして2位(#1)森田一輝、3位(#2)新井誠に1秒近い差をつけポールポジションを獲得。続く4番手にいぶし銀(#4)金子までが1分6秒台、スポット参戦のチームノリック(#21)阿部恵斗が1分7秒台と縦に長い展開が予想される予選タイムアタックとなった。
そんな好調(#5)日浦を抑えるべくスタートから飛び出した(#1)森田と(#2)新井がトップ争いを演じ、(#4)金子(#5)日浦でオープニングラップを終えレースは中盤戦へ。(#1)森田がトップ独走態勢に入るのを許すまいと(#4)金子をかわして3番手に上がった(#5)日浦が詰め寄った目前で「リアが滑ってしまった」と残念そうに話す(#1)森田が、2コーナー立ち上がりでリアが滑り失速。すぐ後ろにつけていた(#2)新井誠がよけきれずに接触し両者転倒。 労せずしてトップにあがった(#5)日浦はその後危なげなく周回をこなし独走でチェッカー。まずヒート1を制した。
「(#1)森田さんと2人で日浦君を止めないといけないのに、なにやってんだ俺!」と悔しがる(#2)新井誠は転倒後、怒涛の追い上げを魅せ2位。いぶし銀の安定感ある強さを魅せた(#4)金子が3位表彰台を獲得した。
予選2番手のチャンピオン(#1)森田一輝は接触転倒した際に手を痛めペースを上げられず15位でチェッカー。昨年までならレース2もセカンドポジションからスタートできたのだが、レギュレーションの変更により今年からヒート1の順位がレース2のグリッドとなるため、後方からの追い上げを強いられることになる。

ピンピンで文句なしの総合優勝 新婚奥様とメカニックのお父さんで万全のサポート体制
(#5)日浦大治朗

転んでも転んでも終わってみれば表彰台に上っているというまさにモタードターミネーター
(#2)新井 誠

年間ランキング4位は伊達じゃない。乱れる上位陣を尻目に安定した強さを魅せヒート1では今季初表彰台を獲得
(#4)金子 和之

レース1で手を負傷しレース2では2位を死守するのが精一杯だったチャンピオン (#1)森田一輝
次戦広島で勢いを取り戻せるか?


■S1PROクラス 決勝レース2

今年より「決勝レース1の結果でのグリッド」となるレース2 レース1ウィナー(#5)日浦がポールポジション。
2番手に(#2)新井、3番手に(#4)金子がフロントロー。続く4番手に(#7)吉田、5番手6番手に(#27)金児(敏)(#3)金児(伸)というレース2決勝グリッドとなった。
レース2はスタートでポールの(#5)日浦が順当に飛出しホールショット。(#2)新井がそれに続き2位で1コーナーへ。
1コーナーの進入でトップ(#5)日浦に並びかける(#2)新井だったが勢い余って転倒。再スタート時に不用意にクラッチミートしてしまい再転倒し、大きく順位を落としてしまう。
レース1に続いて表彰台を目指す(#4)金子を15番手スタートから追い上げるチャンピオン(#1)森田が猛プッシュ。
レース中盤のバックストレート登りで(#4)金子のインへ飛び込み2位浮上。トップとは絶望的な差が開いていたがあきらめることなくフルスロットルで左右に暴れるマシンをねじ伏せる走りは圧巻。 このまま(#5)日浦がレース2も独走でチェッカー。総合優勝を獲得した。
手を痛めながらも(#1)森田が2位を守り切り、3位に終盤(#4)金子をかろうじてパスした(#2)新井が入った。


■S1OPENクラス 決勝

全15台が出走し行なわれたS1OPENクラス。
S2クラス終了と同時に強い雨が降り出し、コースは一気にフルウエット。ほとんどの車両が大急ぎでレインタイヤに交換していた。
決勝、予選3番手から(#6)増田が飛び出すも3番ポスト付近で転倒車両がコースを塞ぎ赤旗再スタート。
2回目のスタートはホールショットデバイスが外れずコントロールを失いかけた(#6)増田を横目に、2番手スタートの地元(#8)千葉さとしとポールシッター(#14)小原がデッドヒート。ダート区間で複数回ラインをクロスさせるなど、めったに見れない好バトルを繰り広げていたがダート区間終わりのシケインで(#8)千葉が転倒。直後に転倒車救護のため2度目の赤旗でレース中断。(#8)千葉は幸いにもフロントローのまま再スタートとなる。
3度目のスタートも(#6)増田(#8)千葉(#14)小原が横並びでスタートを切り(#8)千葉がブレーキを遅らせトップで1コーナーへ。2列目から後ろにつけていた(#4)中島が続く形で2位にあがり(#14)小原が(#6)増田が追う展開。
ダート区間で(#4)中島をかわし2位に浮上した(#14)小原はトップ(#8)千葉をロックオン、後半ダート区間で(#8)千葉をかわしトップに立つ。
追いかけたい(#8)千葉だったがゴーグルが滑り落ちだし、思い切ってゴーグルなしに切り替えたがこれが失敗。ペースを落とし(#4)中島に抜かれてしまう。
レースはこのままチェッカー。(#14)小原が優勝。2位にポイントリーダー(#4)中島。3位に(#8)千葉さとしが地元に錦を飾った。
レース後、車両保管場で歓声が上がった。なんと優勝した(#14)小原 堅斗はヘビーウェットのなかでリアにスリックをチョイスしていたのだ。「知ってればもっとプッシュしたのに」と残念がる(#4)中島。この日1番頑張ったのは(#14)小原に間違いない。

レース中は一人スリックでひやひやするも表彰台ではドヤ顔 小原 堅斗


■S2クラス 決勝

全9台でのエントリーとなった全日本S2クラス。
土曜日の練習走行からずっと降り続けた雨も上がり、ところどころアスファルト路面が乾き始めたS2クラス決勝。ダート区間出口からターマック前半区間の半分程度まで泥が引きずられ非常に難しいコンディションでスタートを迎えた。
グリッドについた各車は大半がレインタイヤをチョイスする中、地元(#15)大場のみスリックを選択し勝負に出た。

スタートから飛び出した(#15)大場をポールポジション(#101)佐々木が追う展開でレースは進み、この2台のどちらが勝利するかと誰もが思ったレース中盤、3コーナーでリアを滑らせた(#15)大場がスリップダウン。すぐ後ろにいた(#101)佐々木もよけきれず転倒、再スタートに手間取り大きく順位を落とし(#15)大場はリタイアとなってしまう。
労せずしてトップに立った(#70)大森は、滑る路面を得意とするダートトラックスペシャリストらしい安定した走りで後続を寄せつけずチェッカー。全日本スーパーモト選手権で初優勝を飾った。
2位には痛めた左肩のため、時折ダート区間を片手で走り切るも「トップを追いかける状態ではなかった。きっちり治して次戦広島では優勝します。」と話す(#20)馬場大介が満身創痍で2位を死守。前回HSR九州でトップ森本をギリギリまで追い詰めたハラツヨワークス(#22)西村泰樹が3位表彰台を獲得。次戦広島での仁義なき戦いが俄然面白くなってきた。

ついに来た。ダートトラック界からの刺客
うれしい全日本スーパーモト選手権初優勝 大森 雅俊






Copyright 2019 Motorcycle Federation of Japan All Rights Reaserved.

|